消費者の方々に、安心と信頼を以って賞味して頂ける食品を製造します。伊藤食品株式会社

会社情報

工場見学


清水工場八戸工場





清水工場

まぐろ、かつお、マッシュルーム等の缶詰製品を生産しています。
特にマッシュルームは国産のマッシュルームを使用し、お客様が求める安心安全に応えております。
清水工場



原料場

原料場
原料のマグロの頭・内臓・尾をカットして、「クーラー」と呼ばれるカゴに並べます。この後、「蒸煮(じょうしゃ)」と呼ばれる工程で、蒸気で加熱します。

けずり


「蒸煮(じょうしゃ」されたマグロの、骨や皮、ウロコや血合いなどを手作業で取り除きます。しっかり確認しながら作業を進めないと、最終製品に骨や皮が混入してしまいますので、慎重に行います。


巻締(まきしめ)

まきしめ
缶にフタを取り付ける工程です。缶のフタと胴体を「二重巻き締め」という方法で取り付け、内容物を完全に密封します。

品質管理

品質管理
製造した商品は、官能検査や規定の検査を行い、問題が無いかチェックを行います。そして合格したものだけが流通します。







八戸工場

さば・いか・いわし等の缶詰製品を生産しています。イカ缶詰の生産量は全国トップクラスです。
八戸工場



サバ原料


 伊藤食品では旬の時期に年間で製造する分の原料を一気に買い付けています。そうすることで製造時期にかかわらず、いつでも脂乗りの良い製品の製造ができています。鮮度に問題が無いことを確認されたサバを、缶の大きさ(高さ)に合わせて輪切り状にカットします。このカット工程の前には、手作業でサバを整列させて、同時に目視でサバの状態をチェックします。身が崩れたり形が悪いサバはここで除去します。

肉詰


カットしたサバを、専用の機械(フィラー)を使用して缶に充填します。輪切りにカットしたサバの向きを手作業で揃えた後、フィラーの内部でサバを充填します。この後、調味液(例えば味噌ダレなど)を注入します。


巻締(まきしめ)


サバと調味液が充填された缶に缶ふたを取り付けます。この作業を巻締と言います。巻締によって完全に密封し、外気の進入を防ぎます。この後に加圧加熱殺菌を行い、缶の中身の菌を死滅させます。

打検


加圧加熱殺菌を終えた缶詰は「打検(だけん)」工程に移ります。打検棒と呼ばれる金属棒の先端に金属の玉をつけた専用の道具を使用して、缶詰を軽く叩き、音によって不良品を排斥します。この作業は熟練した従業員が担当します。